大坂なおみ全米オープン2020優勝スピーチ(インタビュー)内容|海外の反応も調査!

大坂なおみ選手が全米オープン2020で、ビクトリア・アザレンカ選手(ベラルーシ)にセットカウント2対1(1―6、6―3、6―3)で勝ち、見事優勝を果たしました。

逆転で2年ぶりの全米オープンVということで、日本ならず米国など海外でも称賛の嵐のようです。

今回は、『大坂なおみ全米オープン優勝スピーチ(インタビュー)内容|海外の反応も調査!』ということで情報をまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク


大坂なおみ全米オープン優勝スピーチ(インタビュー)内容は?

大坂なおみ全米オープン優勝スピーチ(インタビュー)内容についての動画がありましたので、こちらをご覧ください。

“I always see everyone collapse after match point, but I always think ‘you may injure yourself,’ so I wanted to do it safely.”

「マッチポイントの後で全員が崩壊するのをいつも見ているが、 『怪我をするかもしれない』といつも思っているので、無事にやりたかった」

と優勝後にスピーチされていますね。

テニスは、動きの激しいスポーツですから、怪我で大会を辞退することも珍しくありません。

今回の全米オープンで、大坂なおみ選手は、マッチポイントの後でも怪我を恐れずに戦ったことで優勝できたと述べています。

スポンサードリンク


大坂なおみ全米オープン優勝に海外の反応は?

マスクを介して彼女が伝えたいメッセージは何であるかと尋ねられた大坂直美は言います:

「あなたが得たメッセージは何でしたか?それ以上の質問ではありませんか?人々が話し始めるようにすることがポイントだと思います。」


– Win the US Open with an incredible performance

– Spread messages of social justice and honor Black victims of systemic racism and police brutality

Naomi Osaka is a true champion both on and off the court


Kind of emotional about Naomi’s win. Black women are trying to heal themselves, their families, their communities, and are still expected to show up and serve as an inspiration all while fighting everyday to prove that we deserve better. We salute you


大坂なおみが全米オープンチャンピオン!

彼女はビクトリアアザレンカを倒し、3回目のグランドスラムシングルタイトルを獲得しました。


22才。
#USOpenチャンピオン。





大坂直美は2020 #USOpenチャンピオンであり、22歳でグランドスラムで3度目のタイトルを獲得しました。

スポンサードリンク


大坂なおみ全米オープン優勝に日本人の反応も気になる!

大坂なおみ全米オープン優勝に日本人の反応もまとめてみました!

大坂なおみ全米オープン優勝スピーチまとめ

今回は、『大坂なおみ全米オープン優勝スピーチ(インタビュー)内容|海外の反応も調査!』ということで情報をまとめてみました。

随時新しい情報が入り次第、追記いたします。

スポンサードリンク