大阪万博2025ロゴいのちの輝きが選ばれた経緯は何?審査員や選考基準が気になる!

大阪万博2025のロゴマークに「いのちの輝き」が選ばれましたね。

TEAM INARI(チームイナリのこの作品は、1970年万博のDNAを表現した「CELL(細胞)」が、踊ったり跳ねたりしている姿を描くことで、命の輝きを表現したとされています。

しかし、ネット上では「寄生獣だ!」「なんでこれが選ばれたの?」「いのちの輝きに決まった経緯が知りたい」などの意見で溢れていました。

応募総数5894作品という中から、この「いのちの輝き」に決まった経緯はなんだったのか?

そして、どんな審査基準が決められていたのか、調べてみました。

スポンサードリンク


大阪万博ロゴ「いのちの輝き」が選ばれた経緯は何?

大阪万博ロゴ「いのちの輝き」が選ばれた経緯は何なのでしょうか?

調べてみたところ、大阪市内で開かれた記者会見で、いのちの輝きに決まった経緯が少しずつ明らかにされてきました。

大阪万博2025ロゴの選考基準と経緯

まず、主催の公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2019年11月〜12月にロゴマークの募集しました。

その後、選考委員会(建築家の安藤忠雄氏を座長とする)が発足し、2020年8月上旬に、5894作品中5作品が決まっていました。

選考委員会は、2020年8月上旬に絞った5作品に対し、186カ国(日本含)で著作権や商標登録を調査しています(弁護士事務所へ委託)

その上で類似作品がないことを確認し、インターネットなどで一般向けに募ったアンケートを参考に、選考委員会が決定したようです。
※選考基準に関しては、明らかにされていません。

記者会見では、選考委員会の座長である安藤氏のコメントが発表されました。

「左右対称ではない大阪らしい楽しさがあり、良い違和感もある」。
「ロゴマークという枠組みを超え、コロナという枠組みも超えて、新しい世界を切り開くものになってもらいたい」

出典:日本経済新聞

つまり、大阪万博2025が次の時代に向けてのメッセージということかもしれませんね。

スポンサードリンク


大阪万博2025ロゴの選考委員は誰?

大阪万博2025ロゴの選考委員は、委員会発足時に公表されています。

以下をご参考ください。

大阪万博2025ロゴいのちの輝きが選ばれたことについての反応

スポンサードリンク


まとめ

ネット上では「寄生獣だ!」「なんでこれが選ばれたの?」「いのちの輝きに決まった経緯が知りたい」などの意見で溢れていました。

大阪万博2025ロゴ応募総数5894作品という中から、この「いのちの輝き」に決まった経緯はなんだったのか調べてみました。

選考基準などは公表されませんでしたが、インターネットでの一般向けのアンケートなどで意見を参考にしたりしていたのですね。

大阪万博2025ロゴ『いのちの輝き』、これから5年間よろしく( ^ω^ )

最後までお読みいただきありがとうございました!

大阪万博2025ロゴのデザイナーは誰?いのちの輝きの海外の反応や評判は?

2020.08.25
スポンサードリンク



スポンサードリンク