気象庁不適切広告で掲載停止になった商品名を特定?ハゲ対策のバナー画像だった?

気象庁のホームページに不適切広告が表示され、広告の掲載がわずか1日で停止になるというニュースがありました。

気象庁は、「基準に沿わない可能性のある広告が掲載された」として、運用を委託の広告会社に対し、掲載の一時停止を依頼したようです。

「基準に沿わない可能性のある広告」とはいったいどんな広告だったのでしょうか?

この記事では、『気象庁不適切広告で掲載停止になった商品名を特定?ハゲ対策のバナー画像だった?』ということで情報をまとめてみました。


スポンサードリンク


気象庁不適切広告で掲載停止になった商品名を特定?画像

気象庁の不適切広告で掲載停止になった広告がどんなものなのでしょうか?

まず不適切な広告の定義は、気象庁が定めています。

気象庁ホームページの広告の掲載基準

法律に違反したり事実と誤認したりするような不適切な内容を含むものは掲載できない

・法律に違反する内容を含むもの
・事実と誤認される内容を含むもの

これが不適切広告の判断となるようです。

そして、不適切広告だったとみられるものの画像がこちらです↓

人の頭とみられる画像が横に並び、その間に赤い矢印のようなものが確認できます。

これは、ビフォーアフターのような広告だったのではないか?とみられています。

どうやら『ハゲ隠しの広告』だったとみられているようです。

ハゲ隠しにもスプレーやカツラなどがありますよね。

似たような広告がたくさんあるので、どの広告なのかは特定できていません。

あくまでも気象庁ホームページでは不適切なだけであって、お悩み系のサイトであれば問題ない広告であるということは抑えておきたいですね。

スポンサードリンク


ネットの反応は?





気象庁不適切広告で掲載停止になった商品名は?まとめ

この記事では、『気象庁不適切広告で掲載停止になった商品名を特定?ハゲ対策のバナー画像だった?』ということで情報をまとめてみました。

商品名はわかりませんでしたが、ハゲ対策の広告らしきものであることはわかりましたね^^

気象庁は、ホームページの運営費に広告収入の一部を充てる目的で広告掲載をしたとされています。


スポンサードリンク



スポンサードリンク