ドコモ口座とd払いの違いをわかりやすく解説|一覧表で比較してみた

ドコモ口座の不正出金問題で、13行、37件、1990万円の被害が出ていますね。

しかし、中にはドコモ口座とd払いの違いがわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ここでは『ドコモ口座とd払いの違いをわかりやすく解説|ドコモ払い』ということで情報をわかりやすくまとめて解説したいと思います。

ドコモ口座連携銀行一覧|提携先35行で被害の金融機関はどこ?現在の状況【一覧表あり】

2020.09.11

ドコモ口座事件の犯人は誰?何者か特定できない理由はTor?その関係性について!

2020.09.10

ドコモ口座不正出金の返金補償はいつから実施|被害額はすべて戻ってくるのか?

2020.09.10

スポンサードリンク


ドコモ口座とd払いの違いをわかりやすく解説

ドコモ口座とd払いの違いとは一体なんなのでしょうか?

ドコモ口座というのは、口座なので「お金を引き出す、もしくはためる」ことはできそうですね。

一方で、d払いというのは、払いなので「LINE Pay / PayPay」などの支払いサービスであることが予想できます。

詳しくみていきましょう。

ドコモ口座とは何か?

ドコモ口座というのは、「ケータイやスマホを使って、ネットやアプリ上で送金やお買い物できる電子マネーサービス」です。

現在日本には、以下のような電子マネーがあります。

  1. 楽天Edy
  2. WAON
  3. Suica
  4. nanaco
  5. iD
  6. PASMO
  7. ICOCA
  8. QUICPay
  9. majica
  10. manaca
  11. nimoca
  12. PiTaPa
  13. SUGOCA
  14. TOICA
  15. Kitaca
  16. はやかけん

いわゆる前払い(チャージ)して使うことができる電子マネーサービスのことですね。

スポンサードリンク


d払いとは何か?|ドコモ払い

d払いというのは、は、ネットショッピングや街のお店でのお支払いを月々のケータイ料金と合算して支払える決済サービスです。

つまり、携帯・スマホ料金の請求と合算して支払うことができる電子決済サービスということですね。

現在日本には、以下のような電子決済があります。

<モバイル決済>

  1. Apple Pay
  2. LINE Pay
  3. PayPay
  4. au pay

<キャリア決済>

  1. d払い
  2. ソフトバンクまとめて支払い

いわゆる後からの支払いが可能な電子決済サービスのことですね。

スポンサードリンク


電子マネーと電子決済サービスの違い!

以上のことから、ドコモ口座(電子マネーサービス)と、d払い(電子決済サービス)の違いは、前払いなのか、後払いができる支払い方法なのかということになります。

簡単にまとめておきますね。

POINTドコモ口座(電子マネーサービス):前払い(チャージ)して使うことができる電子マネーサービス
d払い(電子決済サービス):後からの支払いが可能な電子決済サービス

ということになります。

用途によって使い分ける必要がありそうですね。

ドコモ口座とd払いの違いをわかりやすく解説まとめ

この記事では『ドコモ口座とd払いの違いをわかりやすく解説|電子マネーと電子決済サービスの違い!』ということで情報をまとめてみました。

理解しやすいように、あえてシンプルにドコモ口座とd払いの違いをまとめてみました。

もし、ニュアンスの違いだけでも知りたかったという方の、参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ドコモ口座連携銀行一覧|提携先35行で被害の金融機関はどこ?現在の状況【一覧表あり】

2020.09.11

ドコモ口座事件の犯人は誰?何者か特定できない理由はTor?その関係性について!

2020.09.10

ドコモ口座不正出金の返金補償はいつから実施|被害額はすべて戻ってくるのか?

2020.09.10

スポンサードリンク