台風14号2020の韓国の反応と直撃の影響|アメリカ軍(米軍)の最新進路予想図

現在、台風14号2020が日本の南海上に発生しています。

今後、24時間以内に台風14号が発生すると予想されています。

この記事では、『台風14号2020の韓国の反応と影響|アメリカ軍(米軍)の最新進路予想』と題して、台風14号の韓国の反応と影響、アメリカ軍の進路も添えて情報をまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


台風14号2020は韓国へ上陸?

台風14号2020は韓国へ上陸するのでしょうか?

まずは、現在の台風14号(たまご)の場所を確認してみましょう。

こちらはWindyが提供している風の流れを確認できるツールです。

リアルタイムで更新されていますので、現在ここにある表示が現在の台風14号の位置ということになります。

5日7時の時点では、小笠原諸島の南西の位置に台風14号の熱帯低気圧が存在していることが確認できますね。

これから実際に、どのように台風14号が移動していくか、後ほど解説していきたいと思います。

スポンサードリンク


台風14号2020の韓国の反応は?

台風14号2020の発生に、韓国の反応についてもまとめてみます。

今のところの予報では、台風14号の熱帯の空気を大量に含み、大雨をもたらす可能性があるとされています。

暴風域が入る予定日は今月9日となっていますので、そちらについては次の米軍進路予想でまとめていきたいと思います。

スポンサードリンク


台風14号2020のアメリカ軍(米軍)の最新進路予想図

台風14号2020のアメリカ軍(米軍)の最新進路について確認していきます。

まずは米軍のTC警告グラフィック図がこちらです。


出典:JTWC

現時点で、日本列島へは8日に影響するが及ぶとされているようですね。

まだ、進路については各メディアでも報道されているように振り幅があるので、今後、新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

台風14号2020の韓国まとめ

この記事では、『台風14号2020の韓国の反応と直撃の影響|アメリカ軍(米軍)の最新進路予想図』ということで情報をまとめてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサードリンク