台風10号(2020年) 気象庁の緊急記者会見の内容と対策まとめ|2020年9月3日

特別警報級の台風10号に関して、気象庁が緊急会見を開きました。

この記事では、気象庁と水管理国土保全局の緊急会見の内容についてまとめています。

2020年台風10号に関する、最新被害状況はこちらで確認できます↓

スポンサードリンク


台風10号に伴う気象庁の緊急会見

台風10号(2020年) 気象庁の緊急会見はこちらから動画を確認できます。


※現在は文字起こし中のため、動画をご覧ください。

台風10号(2020年) 緊急記者会見の意図について

今回の気象庁と水管理国土保全局の合同記者会見の意図に関しては、以下のように述べています。

まず最初に本日記者会見を書いたの開かせていただく意図なんですけれども、強い台風第10号が今後特別警報級の勢力まで発達し、5日から6日にかけて沖縄地方に、6日から7日にかけて奄美から九州を中心に接近または上陸するおそれがあります。

台風の予報にはまだ幅がありますが、広い範囲で大きな影響を受ける恐れがあります。

そのため、早めの対策をししていただきたいという思いから記者会見を開催することとさせていただきました。なお今回は気象庁と水管理国土保全局の合同記者会見となります。

気象庁からは、台風の進路ですとか、台風に伴う雨や風などについて、水管理国土保全局の方からは河川の増水氾濫について説明をさせていただきたいと思っています。

それでは、スライドお配りした資料の方で説明させていただきたいと思います。

出典:TBS NEWS

スポンサードリンク


気象庁の緊急記者会見(台風10号について)

それでは、気象庁の緊急会見の内容をこちらに文字起こしで記載しておきます。

まずは、台風10号接近に伴う気象庁の見解です。

今の台風10号の今後の気象見通しについて説明させていただきます。

強い台風10号は、特別級の勢力まで発達し、6日にかけて沖縄地方に接近する見込みです。

その後も特別警報級の勢力を維持したまま北上を続け、6日から7日にかけて奄美地方から九州に接近または上陸する恐れがあります。

台風の予報にはまだ幅がありますが広い範囲で甚大な影響を受ける恐れがあります。

台風が接近する地域では、記録的な大雨・暴風・高波・高潮となる恐れがあり、最大級の警戒が必要です。

明日4日までに台風への備えを終わらせるようお願いいたします。

気象庁の発表する最新の台風情報に留意するとともに、各地の気象台の発表する早期注意情報や警報注意報などの気象情報に留意し、自分の命、大切な人の命を守るため、早めの対策をお願い致します。

お住まいの場所が安全な場所か否か、ハザードマップなどで改めて確認し、安全ならば自宅内での安全確保を。

危険な場合は指定された避難場所への移動のほか、安全な親戚・知人宅等への移動も考えてください。

新型コロナウイルス感染の懸念もありますが、危険な場所にいる人は自宅の外への避難をためらわないでください。

それでは具体的にですね資料を用いてご説明したいと思います。

皆さんご承知の通り、台風10号は現在強い勢力で日本の南海上を西に進んでいるところです。

この衛星画像ご覧いただくと分かるようにですね、台風のところは 渦状になっていて、非常に発達した雨雲が見られます。

中心付近ですねちょっと目が開きかけているのかなっていう感じのところがあります。

では、今後の台風の進路予報です。

現在強い勢力35mですけれども、この後明日には非常に強い勢力に発達すると見ています。

そして明後日から明々後日にかけて、大東島地方から奄美地方に接近する段階で特別警報に近いまで発達し、そのまま特別警報級の勢力を保ったまま九州の西海上を北上、または上陸恐れがあると見ています。

奄美地方から先はですね徐々に勢力が衰え、7日15時の段階で950 hPa 40mと予想としております。

そして大雨や暴風高波高潮の今後の見通しなんですけれども、おおまかに言いますと、南大東島を含む沖縄地方では一番早いタイミングで、波浪が高波警報級になりまして暴風になるのも一番早いタイミングと考えています。

主に5日から6日が暴風や猛烈なしけ、それから警報級の大雨や高潮というふうに考えております。

そして奄美地方から九州南部の方に接近してきます。

奄美地方九州南部九州北部徐々に奄美から九州南部九州北部と進んでいくわけなので、タイミング的に少しずつ差がありますけれども、基本は6日から7日にかけて暴風や猛烈なしけ、警報級の大雨・高潮というところが可能性として考えられます。

奄美地方はもう5日の段階ですでに暴風となる警報級の可能性ありますし、九州南部奄美地方は波浪に関しては、もう5日の時点で警報級になるだろうというふうに考えています。

台風が接近北上していくのは沖縄地方南大東、大東島地方を中心として、沖縄地方、それから九州ということになりますが、その台風の北上に伴い、西日本の太平洋側、東海地方でも、大雨になりやすいいうところがあります。

また高波に関して、台風の周辺で生じた風に伴って発達した波がうねりとなって、伝播してきます。

西日本から東日本の太平洋側は台風から離れていても、警報級の大しけになると見ております。

出典:TBS NEWS

スポンサードリンク


気象庁の緊急記者会見内容(大雨について)

雨に関しては、200から1009州南部奄美沖縄地方で5日18時から6日18時が24時間で200から300ミリ見ていますがこの辺りだけを見るのではなくて、実はこちらの表にありますように、7日も大雨、の警報級の可能性高と発表していますこの6日の18時の後も、まだ雨が降るということをご理解いただきたいというふうに思います。

波に関しても、沖縄地方・大東島の波の高さは44mと非常に高くなっていますので、船舶の方も厳重に警戒をしてください。

出典:TBS NEWS

スポンサードリンク


水管理国土保全局の記者会見(河川の増水氾濫について)

今回の緊急記者会見では、水管理国土保全局が河川の増水に関しても会見を開いています。

こちらがその会見の内容です。

台風の接近に伴う河川の増水氾濫に関してご説明させていただきたいと思います。

強い台風の第10号は6日から7日にかけて、奄美地方から九州に接近または上陸し、記録的な大雨になるおそれがあります。

今後、台風に伴う大雨による河川の増水氾濫、台風の接近による高潮が発生する可能性があります。

市町村が作成している洪水ハザードマップなどを確認し、浸水の可能性や、避難する場所、経路などを、把握するとともに、避難の備えを行っていただきたいというふうに思います。

台風の接近する地域では、河川の増水、氾濫などが発生した際には、すでに暴風により移動ができなくなることも考えられます。

風が強くなる前に安全なところへ避難するなど、早めに身の安全を確保していただければというふうに思います。

また海外や港付近の低地では、高潮による浸水や冠水にも十分注意をしていただければというふうに思います。

今申し上げましたことに加えまして、九州などでは、ダムの事前放流を実施する予定です。

河川によっては大雨になる前の晴れている時点から、事前放流により、河川の水量が増えることが見込まれるため、見た目の天候にとらわれずに、できるだけ河川内にはとどまらない、あるいは立ち入りがないようにするなど、身の安全の確保にご注意をいただきたいと思います。

河川の水位や危険性の情報を、川の防災情報や危険度分布、またハザードマップポータルサイトなどで確認することができます(国土交通省の気象庁等のホームページをご参照いただきたいと思います)

河川の情報や市町村の避難情報に留意をして、早めの行動に心がけてください。

出典:TBS NEWS

今回の台風10号は記録的な大雨にも見舞われるとの見解がありますので、雨量・降水量への注意や洪水・河川氾濫の情報にもお気をつけください。

スポンサードリンク


記者会見での質問

こちらでは、今回の緊急記者会見で出た質問について、簡単にまとめています。

質問1 一度氾濫した場所など被害が出た場所の住民はどうすればいい?

A. まず今回の台風第10号に伴って、大雨というところも、厳重に警戒が必要と考えております。

降り方としては、台風が九州の西海上北上またはその前に接近していく段階で、台風の北側から東寄りの風が吹いたり、台風が北部九州の西を北上していく段階では南東側から吹いたりすることによって(九州だけに限らない)、南寄りから東から東向きの斜面での洪水が多いだろうというふうに考えています。

例えば、宮崎県などの東南の方が多いということを考えております。

一方で台風本体の雨雲、中心付近の雨雲も非常に発達しており、中心がどこを通るかによります。

予報円がもし、中心付近よりも西の方を通るのであればいいんですけれども、中心付近や東寄りを通る(例えば熊本県)、そういうところの降水量も増える可能性があるというふうに考えてます。そういう意味では今後の進路を見て注視していく必要があるだろうというふうに考えています。

河川の関係で、これまでの例えば令和2年の4月豪雨等で被災を受けた河川につきましては、応急的な河川の復旧については、全て実施している状況です。

ただし、応急的な復旧のため、十分な安全性がその時点で確保できるか、と言われるとそうでもありません。

例えば、そういった観点から、洪水予報の基準となる水位を下げて早めに避難を促すような取り組みを進めているところです。

地域の住民の方々には、河川事務所等から出される河川の情報であるとか、最新の気象情報、並びに市町村が出す防災情報に十分気をつけていただいて、早めの行動をとっていただくことが重要と考えています。

質問2 氾濫が起こる前にすでに暴風が吹いているため、河川の情報をまっていては危ないがどうすればいいか。

A. 家庭に情報が入るまで待ってですね避難を行動を起こすということではなく、地域の状況もよく見てください。

例えば、雨の降り方の状況や風の吹き方の状況を十分に感じ取っていただき、早めに対応していただくことが必要です。

すでに湖近くに川があって自分の所に反乱のリスクがある場合、あまり情報を待つのではなく、早めの避難をお願いします。

地域の置かれてるその災害のリスクの情報(ハザードマップなど)、自分の住んでいる地域の浸水の状況などを確認していただくのと合わせて、避難場所や避難経路も確認してください。

また、実際の雨の降り方や風の吹き方など確認の上、早めの対応をとっていただくということが重要です。

スポンサードリンク


ハザードマップの確認方法

気象庁の会見でも度々出てきました『ハザードマップ』の確認方法についてお伝えします。

ハザードマップは、ハザードマップポータルサイトで確認できます。


出典:ハザードマップポータルサイト

こちらの検索欄に、お住まいの市区町村を入力すると、地図上に危険な地域に印(マーク)が付きます。

このマークが付いた該当地域にお住まいの方は、そのマークの種類の災害の可能性があると判断されている場所です。

もし、該当地域であれば、台風10号が上陸する5日の午前までに避難を心がけてください。

【まとめ】気象庁の緊急記者会見

特別警報級の台風10号に関して、気象庁と水管理国土保全局の緊急記者会見の内容をまとめてみました。

記者会見でもありました通り、まだ台風10号の進路には幅があるとのことです。

現時点では、九州の西海上を北上すると見られていますが、九州を縦断したり、関西方面に近づく可能性もあります。

今後の気象庁やメディアの最新情報にご注意ください。

台風10号(2020年)の進路予想図|アメリカ軍(米軍)とヨーロッパの最新情報!【随時更新】

2020.09.04




台風10号2020年(ハイシェン)の韓国の反応と直撃での影響|飛行機の運行は?【進路予想】

2020.09.03

2020年夏の暑さのピークはいつまで続く?涼しくなるのはいつから?|気象庁の予想

2020.08.26

スポンサードリンク