台風10号(2020年)の進路予想図|アメリカ軍(米軍)とヨーロッパの最新情報!【随時更新】

猛烈な勢力の台風10号(2020年)が、九州に向けて北上を続けていますね。

昨日3日の気象庁の緊急記者会見でも報道されたように。今回の台風10号は強風だけでなく「災害級の大雨」にも注意が必要です。

この記事では、台風10号(2020年)に関するアメリカ軍(米軍)、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新情報をもとに情報をまとめています。

2020年台風10号に関する、最新被害状況はこちらで確認できます↓

スポンサードリンク


台風10号(2020年)の予想進路図|ピークは?

大型で非常に強い台風10号の影響で、鹿児島県や宮崎県では雨や風が強まっています。

こちらは、鹿児島県や宮崎県で撮影されたものです。雨とともに風が強く吹き付けている様子や、木が左右に大きく揺れているのが確認できます。

大型で非常に強い台風10号は、非常に強い勢力を保ったまま、奄美地方、九州南部に接近する見通しです。引き続き暴風、高波、高潮、大雨に警戒し、早め早めの避難を心がけるようにしてください。

出典:TBS NEWS

台風の勢力を表す指標として、『非常に強い』や『猛烈な』などがありますが、強さの度合いは、『非常に強い < 猛烈な』なので、9月6日が台風10号の最もピークであることがわかります。

しかし、『非常に強い』勢力であっても、油断せずに、早めの避難を心がけておいた方がよさそうです。

また、今回の台風10号は記録的な大雨にも見舞われるとの見解がありますので、雨量・降水量への注意や洪水・河川氾濫の情報にもお気をつけください。

スポンサードリンク


台風10号(2020年)のアメリカ軍(米軍)の進路予想図


出典:現在の北西太平洋/北インド洋*熱帯システム

それでは、台風10号(2020年)に関する、アメリカ軍(米軍)の進路予想を確認していきます。

上記は、アメリカ軍(米軍)が公開している気象衛星の最新画像です。

日本列島の南に台風10号が存在していることがわかります。


出典:現在の北西太平洋/北インド洋*熱帯システム

こちらが、アメリカ軍(米軍)の台風10号の予想進路図です。
※日本時間に修正しています(赤字)

9月6日午前3時時点で、九州南の奄美大島を直撃すると見られています。

九州には、9月6日から9月7日にかけて上陸すると見られているようです。

アメリカ軍の出している警告文も確認しておきましょう↓


出典:現在の北西太平洋/北インド洋*熱帯システム(UTC+9時間)

警告文では、台風の最接近点予報を知らせる(CPA)を確認することができます。

佐世保(長崎県) 7日午前4時
岩国(山口県)  7日午前5時

昨日5日の時点で、佐世保(長崎県)のCPAは7日午前10時でしたので、前回の予報より6時間ほど早い動きとなっているようですね。

ただし、今後の台風の進路によっては、予想時間が変更となる場合もあるので、最新の台風情報にご注意ください。

スポンサードリンク


台風10号(2020年)のヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図

次に、台風10号(2020年)のヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想について確認していきます。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予報は、アメリカ軍(米軍)の進路予想と比較して、台風10号の進み具合が早い傾向があります。

そのため、7日午前9時時点では、台風は九州を抜けて韓国へ上陸していると見ているようです。

気象庁の緊急記者会見でもありましたように、台風の予報にはまだ幅があるとのことでしたので、これは仕方がないことかもしれません。

今後、最新の台風情報にご注意ください。

台風10号(2020年)Windy(ウィンディ)の情報について

それでは日本列島付近の風の動きをWindyで確認しておきます。


出典:Windy
※Windyはリアルタイムで自動更新されています。

スポンサードリンク


台風10号(ハイシェン)の現在の勢力・速度・強さについて

台風10号(ハイシェン)の現在の勢力・速度・強さについては以下のデータとなります。

台風10号(2020年)の指標内容
大きさ・強さ大型・非常に強い
中心気圧945hPa
最大風速45m/s
最大瞬間風速60m/s
方向・速さ北 35km/h

※2020年9月6日18時時点

 

風速を表す言葉の意味風速:10分間の平均風速
瞬間風速:3秒間の平均風速
最大瞬間風速:瞬間風速の最大値

台風10号の最新情報によると、風速は50m/sのようです。

<風速45m/s>がどのくらいの強さなのか、わかりやすい指標がありましたので、こちらに記載しておきます。

【平均風速30m/s以上】(猛烈な風)
屋外での行動は極めて危険。走行中のトラックが横転する。

 

【平均風速35m/s以上】(猛烈な風)
多くの樹木が倒れる。電柱や街灯で倒れるものがある。ブロック塀で倒壊するものがある。建物の外装材が広範囲にわたって飛散し、下地材が露出するものがある。

 

【平均風速40m/s以上】(猛烈な風)
住家で倒壊するものがある。鉄骨構造物で変形するものがある。

出典:ウェザーニュース

「住家で倒壊するものがある。鉄骨構造物で変形するものがある」ようです。

このことから、この台風10号がいかに危険であるかがわかるのではないでしょうか。

西日本付近、特に九州にお住まいの方は、台風10号に十分にお気をつけください。

スポンサードリンク


台風10号(2020)の進路予想!アメリカ軍(米軍)の最新情報のまとめ

台風10号(2020年)に関するアメリカ軍(米軍)、ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新情報をもとに情報をまとめてみました。

今回の台風10号は過去に類を見ない、猛烈な強風により、広い地域で甚大な被害が発生する可能性があります。

気象庁が注意気喚起しているように、台風10号が直撃する該当地域にお住まいの方は、5日午前までに備えをしておくようにしてください。

台風10号での被害が最小限に済むことを祈っています。

台風10号(2020年)のその他の情報はこちらでもまとめています↓

台風10号(2020年) 気象庁の緊急記者会見の内容と対策まとめ|2020年9月3日

2020.09.03




台風10号2020年(ハイシェン)の韓国の反応と直撃での影響|飛行機の運行は?【進路予想】

2020.09.03

スポンサードリンク