国勢調査黒塗りの拒否理由は?罰則や逮捕などの罰はある?

国勢調査黒塗りの拒否理由は?罰則や逮捕などの罰はある?

国税調査を拒否する目的で、黒塗りにして提出する人がいらっしゃるようですね。

その行為の是非はニュース番組に譲るとして、実際に国税調査を拒否した人たちがなぜ拒否したのか理由を知りたいところです。

国税調査は国民の義務ですから、拒否することで罰則や逮捕などの罰が与られるのでしょうか?

この記事では、『国勢調査黒塗りの拒否理由は?罰則や逮捕などの罰はある?』ということで情報をまとめてみました。

スポンサードリンク


国勢調査黒塗り2020の拒否理由は?

国税調査を黒塗りで提出した人たちは、どんな理由で拒否をしたのでしょうか?

白紙ではなく、わざわざ黒塗りにして提出しているのですから、なにかしらの思惑があったと考えるべきでしょう。

今回、問題を指摘したツイートがこちら。

立憲民主党の真山勇一参議院議員のツイートですね。

黒塗り文書を幾度となく出された側』と記載がありますから、今回が初めてではなかったということでしょう。

ツイートに添付された画像からも分かる通り、国税調査の用紙に油性ペンらしきもので黒塗りされ、中央にうす緑の付箋が貼り付けられていることがわかります。

付箋の内容は、

国民が国に求める情報を全て開示してからにしろ!!

と記載があります。

国税調査で国民の情報を開示させる前に、政府自ら情報を開示してからやれと伝えているのですね。

よって国勢調査黒塗りの拒否理由は、自分たちがやれていないことを国民にやらせるなということになるのでしょう。

スポンサードリンク


国勢調査の黒塗り拒否で罰則や逮捕などの罰はある?

国税調査を黒塗りして提出したことは、拒否にあたりますね。

国が国民に対して義務化していることを拒否した場合、罰則や逮捕などの罰はあるのでしょうか?

ネットに模範解答が挙がっていましたので、こちらに記載しておきます。

——国勢調査は、提出しないと、何か問題が生じますか。

回答しない世帯は特定され、アルバイト調査員ではないプロの回収人が、あなたのお宅を訪問することになります。
それをなんとか振り切った場合は、近所の人たちに「あの家の人はどういう人ですか」と聞き込み調査が行われます。
そうすることによって、100%の国民の情報が収集されます。
すべて、法で定められた手順です。

出典:Yahoo!

 

ここでのプロの回収人というのは、その自治体の公務員ということになります。

つまり、国勢調査を黒塗りして拒否したからといって、罰則や逮捕などの罰はありません。

しかし、ご近所さんにその世帯のことを聞き込み調査することによって「提出しないとモラルのない世帯」と思われてしまうやり方をされてしまう場合もあるようです。

スポンサードリンク


国勢調査の黒塗り拒否はプライバシーにあたるのか?

では、国税調査の黒塗り拒否は、プライバシーの侵害にあたるのでしょうか。

少なからず個人の情報を政府に渡すわけですから、そういう考えも出てきますよね?

しかし逆に、政府がプライバシーの侵害をする行為を国民に向けて行うはずかありません。

もししていれば、国民からの反感を買うでしょう。

つまり、国勢調査の黒塗り拒否はプライバシーにあたらないということになります。

スポンサードリンク


まとめ

この記事では、『国勢調査黒塗りの拒否理由は?罰則や逮捕などの罰はある?』ということで情報をまとめてみました。

結局は、国税調査は義務ではあるが、拒否することで精神的な罰を食らうことになるが結論ということになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です