ワイルドスピードスカイミッションの名言(英語)を紹介!一度は使ってみたいあの言葉!

ワイルドスピードの第7作目である『SKY MISSION』は、シリーズの中でも注目された作品の一つです。

その理由はポールの遺作ということもありおますが、数々の名言もあるからなんですね。

今回はそんな『SKY MISSION』の名言をまとめてご紹介します。

ポール弟が出演しているシーンはこちらでまとめています↓

ポールウォーカー弟が代役で出演しているシーンはどこ?CG合成かも調査!ワイルドスピード

2020.04.24

スポンサードリンク


『SKY MISSION』の名言集

『私にとっては、”走りが全て”』(レティ)

英語版↓

レティは、「走るか、死ぬか」といっています。

つまり、走りが全てということですね(この時点ではレティが過去の記憶を失っているためというのもあります)

それだけ走ることに信念があり、確固たる自信があるということの表れです。

人生においても同じことが言えるのかもしれませんね。

自分がやりたいことや成したいことに対して、信念を持ってやり抜く。

その行動そのものが自信を生み出すのかもしれません。

一度は『私にとっては〇〇が全て』とか使ってみたいですね。

『人材の活用もリーダーの手腕さ』(ローマン)

ミスター・ノーバディと名乗る男が率いるアメリカ政府に属する秘密組織で、ドミニクファミリーはラムジーというハッカーの吸収作戦を立てるシーンでの名言ですね。

ローマンは苦し紛れに弁解していますが、『人材の活用もリーダーの手腕』はたしかにそうかもしれません。

ビジネスの世界では『自分にできないことは他人にやらせ、自分は自分のやるべきことに集中する』という」格言がありますが、これがそうですね。

特段ビジネスでなくとも使えます。

他のファミリーは『人材の活用もリーダーの手腕さ』なんて偉そうな発言は言いそうにありませんので、これはローマンだからこそ放つことができた言葉ですね。

『私の魅力で気絶よ』(レティ)

英語版↓

またまたレティの名言です。笑

アブダビ王子のパティーに侵入したドミニクファミリーは、王子のスーパーカーの部品にされた神の目を盗み出そうとします。

レティは、王子の部屋にあるセキュリティーシステムのオレンジ色のコードを切断するのですが、部屋から出る際に王子の護衛(女性)と対峙します。

元々護衛であった男性は床に転がっているのですが、そこで『私の魅力で気絶よ』と王子の護衛にいいます。

まあ『私の魅力で気絶よ』なんて、正直日常生活であまり使うことがないかもしれません。笑

ここでレティが言いたかったのは、『would you believe I knocked him out with my cherm.』の『with my cherm』の箇所でしょうね。

私の魅力には彼(護衛)もイチコロであることを、女性護衛へいっています。

これからすぐ女性同士の戦いが始まることを意図した発言ですね。

『俺が騎兵隊だ』(ホブス捜査官)

ワイルドスピードでも人気キャラであるホブス捜査官。

その鍛え抜かれた肉体と強靭な精神、そして正義を貫く信念がなんともかっこいいです。

無人機のミサイル攻撃からレティーが助けられたとき『騎兵隊は連れてきたの?』というのですが、そのときの発言が『俺が騎兵隊だ』です。

いやーかっこよすぎるでしょ、ホブス捜査官。

こんな奴が現実にいたら惚れない女性はいないんじゃないでしょうか。

男でもその生き様にはかっこいいと思わざる終えません。

『It’s never good-bye』(ドミニク)

『さよならは言わなくていいの?』という、ラムジーの発言に対し、ドミニクが言った言葉です。

日本語訳で『別れなんかない』となっていますが、個人的には微妙だったので、というか英語の方がカッコ良かったのでこちらにしました。

『It’s never good-bye』

『It’s never good-bye』は、再会することを意味します。

なのでポールへ捧ぐとされている以上は、この言葉は天国へいったポールに向けられた言葉でしょう。

ポールの相棒だったドミニクが贈る最後の言葉です。

ポールウォーカー弟が代役で出演しているシーンはどこ?CG合成かも調査!ワイルドスピード

2020.04.24

ネット上の声

まとめ

ワイルドスピードの第7作目である『SKY MISSION』の名言をお送りしました。

いかがでしたでしょうか。

映画の中では数々の名言が繰り出されます。

あなたのお気に入りの名言を見つけてみてはどうでしょうか(^^)

ポールウォーカー弟が代役で出演しているシーンはどこ?CG合成かも調査!ワイルドスピード

2020.04.24

スポンサードリンク



スポンサードリンク