スパイの妻のロケ地はどこ?舞台神戸や長野県原村まるやち湖など撮影場所まとめ!【画像】

黒沢清監督の『スパイの妻』がベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞しました。

2003年の北野武監督「座頭市」以来17年ぶりの快挙ということで歴史映画『スパイの妻』に注目が集まっています。

今回は『スパイの妻のロケ地はどこ?舞台神戸の撮影場所まとめ!【画像】』ということで情報をまとめてみました。

また予告動画でも公開されたように福原優作(高橋一生)を裏切ったのは誰なのかについても調べてみました。

スポンサードリンク


スパイの妻のロケ地はどこ?

あらすじにもあるように、太平洋戦争の開戦前夜の神戸で生きる福原聡子(蒼井優)が主人公です。

そのため『スパイの妻』の舞台となったのは神戸です。

また、神戸以外では長野県の原村がロケ地として使われています。

<兵庫県・神戸>のロケ地

・旧グッゲンハイム邸
・旧加藤海運本社ビル
・神戸市市営地下鉄名谷車輌基地
・神戸税関

<長野県・原村>のロケ地

・原村(まるやち湖(八ヶ岳自然文化園))
・原村(カラマツ林に囲まれた村道)

それぞれ詳しくみていきたいと思います。

スポンサードリンク


スパイの妻のロケ地①|神戸の4箇所【画像】

まずは、『スパイの妻』の舞台となる神戸の撮影場所について確認していきましょう。

神戸撮影場所①|旧グッゲンハイム邸

旧グッゲンハイム邸は、兵庫県神戸市垂水区にある異人館です。

場所はこちら↓

神戸撮影場所②|旧加藤海運本社ビル

旧加藤海運本社ビルは、「アルキメデスの大戦」「The Outsider」「クローズEXPLODE」などの撮影にも使用されたことがある場所です。

戦争などの歴史映画によく使われるようですよ!

場所はこちら↓

神戸撮影場所③|神戸市市営地下鉄名谷車輌基地

名谷車輌基地(みょうだにしゃりょうきち)は、神戸市須磨区にある神戸市営地下鉄西神・山手線の車両基地です。

場所はこちら↓

神戸撮影場所④|神戸税関

神戸税関は、兵庫県神戸市中央区の新港地区に主たる事務所を置く税関です。

海の近くにあるので、海風が当たってとても気持ちがいい場所です。

場所はこちら↓

スポンサードリンク


スパイの妻のロケ地②|長野県原村【画像】

『スパイの妻』のもうひとつの舞台となる長野県・原村の撮影場所について確認していきましょう。

ロケ地となった原村では、まるやち湖からエコーライン方面に向かうカラマツ林に囲まれた村道がロケ地となりました。

まるやち湖(八ヶ岳自然文化園)

まるやち湖は、長野県諏訪郡原村の八ヶ岳自然文化園敷地内にあるペンションビレッジに隣接した小さな湖です。

八ヶ岳連峰が一望できるのと、水面に写る幻想的な景色が有名なスポットです!

場所はこちら↓

スパイの妻のあらすじネタバレ結末

一九四〇年。少しずつ、戦争の足音が日本に近づいてきた頃。
聡子(蒼井優)は貿易会社を営む福原優作(高橋一生)とともに、神戸で洒脱な洋館で暮らしていた。
身の回りの世話をするのは駒子(恒松祐里)と執事の金村(みのすけ)。
愛する夫とともに生きる、何不自由ない満ち足りた生活。

ある日、優作は物資を求めて満州へ渡航する。
満州では野崎医師(笹野高史)から依頼された薬品も入手する予定だった。
そのために赴いた先で偶然、衝撃的な国家機密を目にしてしまった優作と福原物産で働く優作の甥・竹下文雄(坂東龍汰)。
二人は現地で得た証拠と共にその事実を世界に知らしめる準備を秘密裏に進めていた。

一方で、何も知らない聡子は、幼馴染でもある神戸憲兵分隊本部の分隊長・津森泰治(東出昌大)に呼び出される。
「優作さんが満州から連れ帰ってきた草壁弘子(玄理)という女性が先日亡くなりました。ご存知ですか?」

今まで通りの穏やかで幸福な生活が崩れていく不安。
存在すら知らない女をめぐって渦巻く嫉妬。
優作が隠していることとは――?
聡子はある決意を胸に、行動に出る……。

出典:『スパイの妻』

福原優作(高橋一生)を裏切ったのは誰?

『スパイの妻』の予告動画(90秒)編に、福原優作(高橋一生)が裏切ぎられたシーンが登場します。

津森泰治(東出昌大) 「あなたは連合国側のスパイですか?」
福原優作(高橋一生) 「誰が通報した」
津森泰治(東出昌大) 「あなたもよくご存知の方だ」

このシーンからスパイである福原優作(高橋一生)は、何者かに裏切られた可能性があります。

では、誰が福原優作(高橋一生)を裏切ったのでしょうか。

津森泰治(東出昌大)が、「あなたもよくご存知の方だ」と答えていることから、妻・福原聡子(蒼井優)が裏切った可能性もゼロではありません。

うーん、気になりますね!!

今のところ映画公開前ということで情報は入ってきておりませんが、新しい情報が入り次第、追記したいと思います。

黒沢清監督の経歴

プロフィール

本名⇔
職業⇔映画監督、脚本家、映画批評家、小説家
誕生日⇔1955年7月19日(65歳)
出身地⇔兵庫県神戸市
これまでの作品⇔『CURE』『カリスマ』、『回路』『トウキョウソナタ』『岸辺の旅』

スポンサードリンク


スパイの妻のロケ地はどこ?まとめ

今回は『スパイの妻のロケ地はどこ?舞台神戸の撮影場所まとめ!【画像】』ということで情報をまとめてみました。

今回の映画には、東出昌大さんも出演されることが決まっているので、注目して観賞したいですね!♪



スポンサードリンク