小説の神様のあらすじネタバレ!由来や小余綾詩凪の秘密について!父親が二人を繋ぐ?

【重要】映画『小説の神様』の延期に関する情報は、現在こちらでリアルタイムで確認できます。

『小説の神様』を書いた相沢沙呼さんは、新作『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で、一気に知名度が上がり、ここ最近で注目されている新進気鋭な作家さんです!

本屋大賞2020にもノミネートされています!

本屋大賞2020のノミネート作品の『3分で読めるあらすじ(PV)』まとめ一挙公開!

2020.01.21

今回は、そんな相沢沙呼さんの作品『小説の神様』が2020年の5月22日に公開予定ということもあり、「原作の内容を知りたいけど、なかなか時間がない!」という方のために、ザッと!あらすじやネタバレをまとめてみました(^^)

前半は、登場人物紹介や物語の要約を。

後半は、小説の神様は誰なのか、小余綾詩凪の秘密について紹介します。

『小説の神様』のキャストと登場人物紹介

まずは、映画版のキャストと登場人物について。

小説の神様〜君としか書けない物語〜の予告映像

千谷一也(佐藤大樹)


高校二年生の売れない作家。ペンネームは「千谷一夜」。文芸部に所属している。自分のことは物語の主人公になれない人間だと思っており、自分の作品に対しては卑屈なまでの精神を持っている。小説家だった亡き父親のことが嫌い。

佐藤大樹と浜辺美波が熱愛を匂わせ?彼女にしたい好きなタイプも調査!

2020.04.07

小余綾詩凪(橋本環奈)


高校二年生の人気作家。ペンネームは「不動詩凪」。主人公と一緒の高校へ転入。主人公とは正反対の世界で生きているような容姿をしている。

千谷雛子(莉子)


主人公の妹。難病で長期入院中。〇〇の大ファン。大きな手術を控えている。

小説の神様の千谷雛子(りこりこ)の病気は何?左ききなら病名は狭心症の可能性か?

2020.04.12

莉子(りこりこ)の高校や本名(名前)は?モデル活動やこれまでの作品まとめ!

2020.04.07

九ノ里正樹(佐藤流司)


文芸部部長兼生徒会長。主人公とは中学時代からの付き合いで親友。

成瀬秋乃(柴田杏花)


文芸部の一年生。小説を書きたい後輩。実家が小さな本屋を営んでいる。文芸部で寄稿した千谷一也の短編『カップの残り滓』を読み、千谷一也に小説の書き方を教えてほしいと願いでる。中学からの付き合いで親友の〇〇に小説を書いていることを秘密にしている。

柴田杏花の子役時代からの経歴!灰原哀役がかわいい!画像まとめ2020

2020.04.08

河埜(山本未來)


千谷一也と小余綾詩凪の編集担当者。小説家としての自信を無くしている千谷一也を気に掛けている。そんな千谷一也にある提案を持ちかける。千谷一也の小説のファンでもある。

千谷昌也(片岡愛之助)


主人公の父。すでに他界している。生前は小説家だった。

『小説の神様』のあらすじ

中学生で作家デビューしたが、作品はSNSで酷評され、自分を見失った売れない高校生小説家・千谷一也。
一方、同じクラスの人気者でドSな性格の上、ヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。
底辺作家と人気作家、性格もクラスでの立ち位置も、すべてが真逆の2人に、編集者から下されたミッション ー それは、2人で協力し、大ベストセラーを生み出すことだった!
ダメな男子とキラキラ女子、一見正反対の2人が、反発しながらも足りないものを補い合い、物語を一緒に作るうちに、一也は、詩凪の誰にも言えない大きな秘密を知ってしまうー。

友情を超えて近付く2人の距離。悩み傷つきながらも、好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す<物語>の行方はー?

ラスト、胸があつくなる。共感と感動No1のファンタスティック青春ストーリー

出典:映画『小説の神様』公式HPより

スポンサードリンク


小説の神様の由来は?

映画『小説の神様』の由来となるのは、小余綾詩凪のあるひと言からです。

原作(31ページ)で、彼女はこう言っています。

「わたしには、小説の神様が見えるからーー」

この発言に対し、千谷一也は困惑します。

まあ当然の反応ですよね。

小説の神様が見える、なんて言われて「え、いいなー!」なんていう稀有な人は少ないでしょうから。笑

物語中盤(原作194ページ)で、千谷一也は小余綾詩凪に聞きます。

「なぁ……。小説の神様って、なんだよ」

これに対し、小余綾詩凪は、

「あえて言うなら……。自分が、物語りを綴る生き物なのだということを、どうしようもなく宿命付けられているのだと、そう感じる瞬間のことかしら……。あらゆる運命と、あらゆる熱情が、すべて巡り巡って正しい位置へ収まっていく。ああ、わたしは、物語を書くために生きているのだって……。そう語ることのできる、瞬間」

と自分なりの回答を出しています。

小余綾詩凪がいう、「小説を書くために生きている」というのは、逆に「小説を書くためなら死んでもいい」になります。

そして、この逆転の発想こそ、千谷一也が「小説の神様」を持つことができない(”小余綾にはあって、僕にはないもの”)ということになります。

千谷一也は、小説だけを書いて、ローンを残して死んでいった父親が嫌いです。

そりゃそうですよね。

千谷一也の家は、そのせいで家計が圧迫しているのですから。

そして、一也の父親の存在を再定義(クリア)にすることが、この物語のゴール(一也が小説を書くことができるようになる = 小説の神様を持つことができるようになる)になります。

つまり、一也は本当の意味で小説を描けるようなります(物語的には小説のプロットをほぼ完成させてからです)

その伏線の始まりは、原作の315ページに書かれています。

小余綾詩凪が自分の秘密(後に解説)を打ち明けた際のシーンです。

「千谷くんには、自分がそれを読んで、小説家になろうって決意した物語って、ある?」
僕は応えられず、ただ彼女を見下ろしていた。
「わたしにはあるの」
そう力なく笑う小余綾の笑顔が、僕の胸を締め付ける。
「綺麗だった。美しかった。呼吸するみたいに、心に自然と入り込んできた。そんな文章に、世界に憧れていた。わたしも、それを創り出したかった。でも、もうできない……。どうしても、できないの……」

小余綾詩凪はとある物語を読んで作家になろうと決意しました。

その物語の作家が、実は千谷一也の父親です。

この辺の話は、原作の356ページで描かれています。

一也は子供の頃に、父親にこう言います。

「どうしてみんな、本を読んでまで、涙を流したいんだろう」

この回答を父親はエッセイとして書いていたのですが、その文を実は小余綾詩凪も見ていたんですね。

「違うんだ。そもそも、小説っていうのは、泣かないために読むんだよ」
「明日からの自分が、もう涙を流さないように、小説を読むんだ。ページを捲ることで、生きるために必要な養分をそこから得ていく。もし、物語りを読んで涙を流すことあっても、それは切なさや、やるせなさからくるものじゃなくて、この先ずっと、この胸に刻まれる温かな感情であってほしい」

この言葉に、小余綾詩凪は電流の走るような経験をしたと言っています。

そして、小余綾詩凪は千谷一也に伝えます。

「ねぇ、あなたのお父さんは、とてもすてきな人だと思う」

この言葉で、一也の父親に対する再定義がされたと解釈していいかと思います。

その証拠に、その後一也は小余綾詩凪との共作小説を書き上げますからね。

そして書いている途中で、一也は見ます。

ああ……。
小説の神様……。

僕は、それを確かに見た。

 

以上が、この『小説の神様』が誰なのか、由来についてのまとめになります。

「小説の神様」は、どこかの人物ではなく、小説の書き手に宿る守り神的存在だったということですね。

スポンサードリンク


小説の神様での小余綾詩凪の秘密とは?

これから、小余綾詩凪の秘密についてネタバレを書いていきます。

小余綾詩凪の秘密については、原作の293ページあたりから描かれています。

現代文の授業が自習となり、プリントが配られます。

題材は中島敦の『山月記』です

一也は早々と終わらせ、小余綾詩凪の方を見ます。

一方の小余綾詩凪の指先は止まっており、苦しく呻いています。

様子がおかしいと悟った(正確にはその症状に心当たりのあった)一也は、保健委員ということもあり小余綾詩凪を保健室に連れていきます。

保健室の先生は不在でした。

一也は小余綾詩凪に尋ねます。

「君は……。もしかして、文字が書けないのか?」

言葉に詰まる小余綾詩凪。

これまで小余綾詩凪は、プロットを頭の中で記憶しているとしていました。

それくらいわけない、と。

しかし、それが苦し紛れの嘘であったことがここでわかります。

小余綾詩凪は、心理的な外傷を持っていました。

それも誰かに何かを伝えるときに文字を書くという時に文字が書けなくなるという、作家にとっては重症な外傷を。

原因は、転校前の高校での出来事です。

この物語には舟木夏子とい40代半ばの小説家がいるのですが(実際に本人はでてきません)、その作家の書いた物語と小余綾詩凪が書いた物語が似ていたんですね。

そして小余綾詩凪は、その舟木夏子の書いた本の発売から三ヶ月後に本を出しています。

「パクり女、謝ってください」
「人の作品を盗むのは盗作って言うんですけど、そんなことも知らないんですか」
「えーと、悪いことをしたら、謝る。それって常識だと思います。不動詩凪さんは、そういう常識もわかならい人なんですか」

世間は小余綾詩凪を強く罵倒し、批判します。

この事件以降、小余綾詩凪は文章を書こうとすると、この時の批判の数々が、溢れ出すと言っています。

これが、小説家であるにも関わらず、小説を書くことができない小余綾詩凪の秘密です。

原作『小説の神様』の結末

原作『小説の神様』ではの結末についてです。

ファミレスで5時間かけてプロットを作成した千谷一也と小余綾詩凪。

一也は、このプロットを参考に小説を書きます。

そして、完成させます。

原作のエピローグ(377ページ以降)には、小説を書き上げた2人の後日談が描かれています。

夏休みに入り、完成した第一原稿を出版社に提出し終え、ゲラと校正作業が終われば、1ヶ月後に原稿が戻ってきます。

校舎裏のベンチで寝そべっている千谷一也。

そこへ海外旅行から戻ってきた小余綾詩凪はいいます。

「まったく……。ほら、行くわよ」

「行くって……。どこにだよ。ゲラはまだ戻ってきてないだろ」

「決まっているでしょう。」
「わたしたちの、次の物語を作りにいくのよーー」

これで、原作『小説の神様』は終わります。

スポンサードリンク


『小説の神様』を読んだ読者の感想

オチがめっちゃ幸せでしたね。売れる本と、綴りたい物語。自分の今の悩みと照らしながら読んでました。どんなに、お前には向いてないと言われたり、周りに成果を上げる人がいるとしても、悩んで本気で立ち向かっていることが自分の生きがいであることの証明。本気で楽しめることを本気で楽しめる人と立ち向かえることを大切にしようと思った

とてもよかった。 この本を読んでなぜ私が小説が好きなのかわかった。物語の中では自分も主人公になれる可能性があるからだ。

電子書籍で読了。最初はラノベっぽい書き方が肌に合わなかったが、だんだんなれてくると読みやすく、最後までスルッと駆け抜けてしまった。もどかしい青春、素敵です。

出会えたことに感謝したくなるような本。小説の神様はいるでしょう。

小説家の苦悩を描いた本書。これまで沢山の書物を読んできたけど、小説家の苦悩をあんまり想像した事は無く、こんな素敵な文章書けるなんて文才があって良いなぁー、と漠然と思ってたくらい。 未来への希望、明日は泣かなくて済むようにという祈り、こんな自分でも主人公になれる、という思いを届けたい一心で書いているという内容が良かった。主人公のちょいちょい入る心の中の突っ込みもクスっと和ませてくれた。 『言葉では伝わるのが遅すぎる。だから私達は風景や情景に載せて小説を書く』的な概念のところも素敵だったなー。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

『小説の神様』のあらすじと由来、小余綾詩凪の秘密についてご紹介しました。

個人的には、一也の父親の存在が2人(一也と小余綾詩凪)に与えた影響は大きいなと感じました。

そして高校生作家という、今の時代にマッチした作品でした。

映画『小説の神様』では、千谷一也役を佐藤大樹さんが、小余綾詩凪役を橋本環奈さんが演じます。

2020年5月22日公開です。楽しみですね!

小説の神様で橋本環奈と佐藤大樹のキスシーンは?原作と映画の違いについても調査!

2020.04.12

小説の神様の千谷雛子(りこりこ)の病気は何?左ききなら病名は狭心症の可能性か?

2020.04.12

『小説の神様』をマンガで読むなら

実はこの「小説の神様」なんですが、漫画家の手名町紗帆(てなまちさほ)さんによってマンガ化されています。

手名町紗帆さんは、京都精華大学マンガ学部出身で、在学中に集英社「第13回ジャンプSQ.クラウン新人漫画賞」で審査員特別賞受賞をされたことがあるくらい業界から注目されている漫画家さんです。

この手名町紗帆さんによる『小説の神様』はまんが王国で読むことができます。

試し読みもできるので、「手短にストーリーを確認したい!」「マンガでも読みたい!」という方にオススメです☆

スポンサードリンク



スポンサードリンク