口に新しいと書いて何と読む?意味と違いは何?わかりやすく解説!

「噺」は何と読むのか?

「口」に「新」と書いて、「噺(はなし)」と読みます。

よく使う「話(はなし)」とほぼ同義です。

「噺」と「話」は何が違う?

具体的には何が違うのでしょうか。

「噺」というのは、主に落語業界で使用される言葉です。

落語(らくご)は、江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種である。最後に「落ち(サゲ)」がつくことをひとつの特徴としてきた経緯があり、「落としばなし」略して「はなし」ともいう[1]。「はなし」は「話」または「噺」とも表記する。
引用:Wikipediaより

「話」というのは、主に日常生活で使用される言葉です。

「噺」と「話」の使い分けについて

結論。

双方の意味は同じなので、

「噺」というのは、主に落語業界で使用する
「話」というのは、主に日常生活で使用する

と覚えておくといいでしょう。

 

スポンサードリンク